簡単に出来る自動車のDIY

大好きな自動車を自分でDIYカスタマイズしたり、趣味でメンテナンスした情報を掲載しています。

自動車のDIY > レガシィ > デッドニング

デッドニング効果をDIYで

カーオーディオの音質向上に効果のあるデッドニングをDIYでレガシィへ施工しました。工賃節約でエーモンのキットを使用しました。

スバル レガシィB4の純正スピーカーは、標準で6スピーカーとなっています。このスピーカーを生かしたまま、オーディオの音質向上を行いたいと考えていました。

簡単にデッドニングをDIY施工できるとの情報を入手し、作業方法を調査して、自分で作業を行うこととしました。沢山の車でデッドニング作業は行われているので、そのサイトを参考にしました。

エーモンのデッドニングキットを使って施工

デッドニングの材料には、オトナシートなどもあるようですが、今回はエーモンのデッドニングを購入しました。通販で購入すると、激安で購入できます。

オートバックスやジェームスなどで作業依頼すると、工賃も高いので、DIYがいいですね。

ドアの内張り剥がし

ドアの内張り剥がし

デッドニングを行うためには、まず、ドアの内張りを外す必要があります。ドアの内張りの外し方は、車種によってまったく違いますので、既に実施している方の方法を参考にするのが良いと思います。

隠しねじがあったり、作業手順があったりします。また、ドアの内張りを外すときには、結構な力が必要になります。気合を入れて、壊さないように外しましょう。

内張りを外すと、防水シートが出てきます。この防水シートは、デッドニング後には使用しませんので、綺麗に剥がします。粘着剤がドアに残ってしまう場合がありますので、ガムテープやパーツクリーナーで綺麗に取り除きましょう。

アウターパネルへ制振シート

アウターパネルへ制振シート

防水シートを剥がした後には、アウターパネルへ制振シートと吸音シートを貼り付けます。アウターパネルには、錆止めのグリースが塗ってあります。パーツクリーナーを使って、綺麗にふき取ります。

まず、制振シートをアウターパネルへ貼り付けします。エーモンのデッドニングキットには、ドア2枚分の材料がしっかり入っているので、綺麗に貼り付けできます。

吸音材はスピーカーの背面を中心に全体的に貼り付けします。なお、グリースを除去した後に制振シートを貼り付けしなかった場所には、錆止めのため、スプレーグリースを吹き付けます。

デッドニング

デッドニング

そして、インナーパネルへ制振シートを貼り付けします。私は、インナーパネルのすべての穴を塞ぐようにしました。穴をすべて塞がずに調整することにより、音も変わってくるようです。

なお、スピーカー取り付け位置へは貼り付けせずに、スピーカーの周りにしっかり張り付けするのが良いようです。スピーカーはドアへ密着させて固定しましょう。

ドアロッドやケーブルなどは、傷つけないように十分注意しながら作業してください。ドアの内張りを取り付けする際には、穴をしっかり見ながら取り付けしましょう。

スバル レガシィB4へデッドニング施工後に、カーオーディオの音を聴いてみると、中音域が引き締まったように聞こえてきます。音全体が引き締まり、1つ1つの音ははっきり聞こえてきています。

みなさんの感想と同じように、効果は高いようですね。デッドニングは、おすすめできるDIYです。

価格も安く、デッドニングの解説も付属するエーモンのデッドニングキットは、初心者にも良い商品です。

低音の増強のために、レガシィ用のウーファーボックス作成とサブウーファー取り付けをしました。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system