簡単に出来る自動車のDIY

大好きな自動車を自分でDIYカスタマイズしたり、趣味でメンテナンスした情報を掲載しています。

自動車のDIY > レガシィ > 自作サブウーファー取り付け

サブウーファーと車

自作サブウーファーを車へ取り付け。レガシィのカーオーディオの低音の音質向上に効果があります。

以前から車のカーオーディオにサブウーファー取り付けをして、低音を増強したいと考えていました。デッドニングはフロントドアに施工済みなのですが、さらなる低音増強が目的です。そこで、取り付けも簡単で安価なパワーアンプ内蔵のサブウーファーを探していました。アルパインやカロッツェリアやケンウッドなど、各メーカーからいろいろなデザインのものが販売されています。

しかし、セダンタイプのレガシィB4では、取り付け位置に悩み、パワーアンプ内蔵型の購入には、踏み切ることが出来ないでいました。

そんなときに、格安でパワーアンプを入手できたため、エンクロージャーをDIYにて自作して、サブウーファーを配線・取り付けすることとしました。

エンクロージャー自作のサブウーファーを取り付け

エンクロージャーを自作する場合、取り付け場所に合わせて好きなデザインにできるのが良いですね。私の車の場合は、車体にはあまり手を入れないで取り付けをしようと考え、トランクスルーへ設置しました。

自作エンクロージャーの容量も、カロッツェリアのウーファーユニット「TS-W2010」に合わせて、最適なものとしています。また、ウーファーボックスが、トランクスルーから車内へ飛び出してこないように、ボックスの形状も考慮してあります。

パワーアンプ

パワーアンプ

ブリッジャブルパワーアンプ は、カロッツェリアの PRS-D7200を使用しました。ウーファーユニットもカロッツェリアなので、相性は良さそうです。

パワーアンプの電源は、バッテリーへの直接接続(バッ直)が基本となりますので、電源のバッ直も実施しました。パワーアンプ本体は、普段のトランクルーム利用に影響が無いように、スペアタイヤ上部のスペースへはめこんでいます。

パワーアンプの熱がこもるのではと考えていましたが、今のところ、問題は発生していません。見た目にもすっきりインストールすることができました。

自作エンクロージャー

自作エンクロージャー

写真は、作成途中のMDFを使った自作エンクロージャーです。この後に、レザーシートを貼り付け、TS-W2010を取り付けして自作サブウーファーの完成となります。

エンクロージャーの形状が四角形ではなく、特殊な形となっていますが、これは、トランクスルーから車内へサブウーハーが飛び出してこないようにするために考えた形となっています。

この形状により、ウーハーボックスを車体に固定しなくても、ウーハーが動き回ることも無いですし、低音を車内へ綺麗にデリバリーしてくれます。

トランクルームから見たサブウーファー

トランクルームから見たサブウーファー

そして、サブウーファー取り付けを行いました。車のボディへの固定は特に行っておらず、トランクスルー部へトランクルームから車内側へサブウーファーを押し込んでいるだけです。

パワーアンプからのスピーカーケーブルの配線も短いもので足りるので、配線の接続も楽になりました。また、背面に貼り付けしたパンチカーペットもトランクルームの色合いとあっており、違和感が少ないですね。

エンクロージャーの後部は、後方に伸ばすのではなく、横方向へひろげることにより、ボックス容量を稼いでいます。これにより、トランクルームへの圧迫感も少なくなっています。

サブウーファー取り付け

サブウーファー取り付け

車内から、自作サブウーファーを見たところです。エンクロージャー自作により、室内へもジャストフィットですね。黒いレザーシートも室内の色と一体化しています。サブウーハーの位置としてオススメです。

また、ウーファーユニットの取り付け面を斜めにしたことにより、低音の響く方向が運転席・助手席前のフロントガラス部となり、カーオーディオの低音の音の伝わりも良いと思います。

ユニットの保護用にスピーカーネットカバーも購入しましたが、カバーを取り付けすると、盛り上がって違和感があるので、今回は外してあります。ユニットがむき出しもいいですね。

今まで、カーオーディオにサブウーファーを追加していなかったのですが、今回初めてレガシィB4へインストールしてみて、サブウーハーの重要性を痛感しました。カロッツェリアのサブウーファーは良いですね。

フロントスピーカーを中高音に専念させることが出来、低音をサブウーファー「TS-W2010」が受け持つことで、フロントスピーカー自体の性能もアップしたように感じました。カーオーディオの音質向上に、サブウーファーは必要ですね。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system